アメリカドライブ旅行自由自在 〜アメリカ合衆国を車と地図で周遊〜 > アメリカ旅行実践編 > アメリカ内ではどこに行ってもクレジットカード

アメリカ内ではどこに行ってもクレジットカード

日本で米ドルを現金で持っている人はあまりいないと思うので、日本円をどのくらいどうやって持ち込むのがよいか紹介する。アジアと違い、アメリカでは日本円が通用しないので必ず米ドルをもっていかなければならない。国内でドル預金をしていて、どうしてもそれを使いたい人はトラベラーズチェックをつくろう。CitiBankでは預金者に対して無料でトラベラーズチェックを作ってくれるのでお勧めだ。また、そうでない人は三菱東京UFJなどでドル立てのトラベラーズチェックを作ればよい。米ドルの現金にすると結構手数料を取られるので小額な場合を除きあまりお勧めしない。

ではいくら持っていくか。アメリカ内ではどこに行ってもクレジットカードが使えるから多くの現金を準備する必要はない。米人は$100も持っていないことが多い。一緒に食事に行くと、現金ないから俺がクレジットカードで払ってお前の分は俺に現金でくれと言われることが日常茶飯事。クレジットカードはVISAやマスターカードであればほぼ間違いなく通用する。結論から言って、為替で損をしたくないからどうしても現金でなければ気がすまない方を除いて、一週間で$100もあれば十分だ。但し、レンタカーを借りずにタクシーで移動する場合は現金を準備しておいたほうがよい。また、ラスベガスのカジノをお考えなら必要な分は全てトラベラーズチェックで持参すべきだ。クレジットカードで現金を引き出すと結構手数料を取られてしまうし、理由ははっきりしないが引き出せない場合もある。

できるだけ早い時期に現金にしよう。道路では通行料として小銭(25セント硬貨)が必要になることがあるからだ。トラベラーズチェックを現金にするにはホテルで換金するか銀行に行こう。IDを要求されるがパスポートを見せれば済む。ホテルや銀行に立ち寄るチャンスもなく長距離移動の計画がある場合は必要な分を出発前に米ドルに現金化しておくしかないだろう。

レンタカー、ホテル、スーパーでの買い物、お土産、レストラン、ファーストフード、コンビニ、ガソリンスタンドなど日常の支払いは全てクレジットカードで済ませることができる。レストランでのチップもカードで支払える。実際にアメリカで生活してみるとわかるが、以上のような用途ではほとんど現金を使わなくなる。せっかくアメリカに来たのだから紙幣や硬貨に親しんでみたいという方のために紹介すると、紙幣は$100、$50、$20、$10があり、良く使われる紙幣は$20と$10。銀行で$200引き出しても$20札が10枚出たり、$10札が20枚出てくることもある。また、硬貨は25セント、10セント、5セント、1セントがよく使われている。

ショップ内検索