アメリカドライブ旅行自由自在 〜アメリカ合衆国を車と地図で周遊〜 > アメリカ旅行実践編 > アメリカ旅行中の天気予報をチェックする

アメリカ旅行中の天気予報をチェックする

大雨、ハリケーンなどの悪天候には注意しておこう。また、大陸性の気候で気温の差が激しい地域もあるので事前チェックしておこう。西側は地震を除けば気温については比較的安定している。地域により、寒暖の差が激しいから服装にも気をつかう必要がある。昨日まで短パンで歩いていたかと思えば、今日はオーバーコートが必要なくらい冷え込む場合もある。換気の侵入は天気予報で予測できるから事前に情報入手しておけば安心だ。
http://www.weather.com などを参考にしよう。

ZIPコードで地域を特定する構成になっているから、天気を調べたい場所のZIPコードをチェックしておこう。少々解説すると、通常気温は(°F)で表現される。あまり見慣れない表現と思うが、Fahrenheit の意で、 ℃ = 5/9(F −32)の計算式が成立する。いちいち計算していては面倒なので、誤差はあるが概ね次のように覚えておくと理解しやすい。
℃ = (F−30)÷2 「つまり、30を引いて2で割る」
と覚えておくとよい。F=50のときに10℃とピタリの値がでるが、気温がもっと高いときにこの計算式では1〜2℃程度低めに計算される。86F=30℃、32F=0℃あたりを基準として覚えておくといいだろう。以下にサンプルを載せておくので参考にして頂きたい。

SunMay 30 Isolated T-Storms / Wind 92°/73°

5月30日 :ところにより、大雨/風、最高気温33℃/最低気温23℃

当日から10日分の予報がでているから、これを参考にして日程を組むとよいだろう。必ずしも当たるとは限らないが、どうしても避けたい事象があれば日程を組替えておくこともできるし、そこから早めに抜け出すようにスケジュール調整することもできるはずだ。

また、現地の新聞も参考にしよう。USA Today などでも週刊予報がでているから、折に触れてウオッチしておこう。

デイズニーワールドがあるフロリダでは、雨は降り出したら半端じゃない。備えておけばあとで後悔しなくて済む。夏のフェニックスやテキサスなどはでは日差しが猛烈に強いから特に女性や肌の弱い方など、紫外線から肌を守る対策をしておいたほうがよいだろう。冬のドライブでは路面凍結に注意する必要がある。路面が凍るかどうかは気温が0℃を割るかどうかである程度予想することもできる。特に橋は凍結していることが多いので速度を落とすなどして十分に注意したい。

ショップ内検索