アメリカドライブ旅行自由自在 〜アメリカ合衆国を車と地図で周遊〜 > アメリカ旅行実践編 > アメリカ現地に到着!空港に着いたらレンタカーのピックアップ

アメリカ現地に到着!空港に着いたらレンタカーのピックアップ

飛行機が着陸して荷物を受け取ったら早速レンタカーをピックアップすることになる。アメリカの空港ではどこでも手順は同じだ。Grand Transportationの表示に沿って歩いていくと、Rental Carの表示が見えてくる。小規模な空港で、空港にレンタカー会社のカウンターがある場合はそこで受付することができる。ロサンゼルス空港など、車をピックアップするのに、いきなり巡回バスに乗らねばならないことが多い。バス乗り場は空港バスやタクシーの乗り場がある場所からそう遠く離れていないから回りを見渡せばわかるはずだ。バスは何台も巡回して走っているから、一台くらい見逃しても慌てることはない。各社レンタカー会社が運行させているバス(Hertz、Avisなどバスに大きく表示)に乗って受付カウンターまで行こう。

空港からバスに乗っていくと営業所に到着する。そこには受付カウンターがある建物(オフィス)とレンタカーがずらりと並んだ駐車スペースがある。ではオフィスに入って受付しよう。混雑時には順番待ちの顧客で列ができていることもある。まずは自分の番が来るまで待とう。

自分の番になったら、日本の免許証、国際免許証、そしてクレジットカードをカウンターの係員に提示する。何も言わなくても事は進んでいくが、余裕があれば I am from Japan などと愛嬌を振りまいてもよい。次に保険などのオプションの話題になるから、心の準備をしておこう。

車輌料金、自車輌損害補償制度[LDW]、搭乗者傷害保険[PAI]、所持品盗難保険[PEP]、追加自動車損害賠償保険[SLI]や税金など含めた合計料金を確認する。LDWはレンタカー会社により、CDWなど表現されることもある。ここで重要なのは自分が選択した保険やオプション(fuel service等)欄にチェックされているかどうか、また不要な項目が選択されていないかどうかを確実にチェックしておくことだ。慌てずにじっくりと確認して、疑問があればその場で質問するようにしよう。一度サインしてしまえば変更できないから、初めての人は時間をかけて確認しよう。オプションとしてチャックされた欄の右側には本人のイニシャル(T.Yなど)を記入することになっている。最後にサインして終了だ。地図をもらうのと、営業所から目的地方面への出方を聞くのを忘れないように。

契約書には車の駐車場所を書き込んでくれる。F83などと書かれており、対応する駐車スペースにある車を使うことになる。車を見つけたら、さっさと荷物を積み込んで走り出す準備に取り掛かろう。

ショップ内検索